突然発症する急性腸炎(acute enteritis)

突然発症する急性腸炎(acute enteritis)は、大体において腹部の痛み・嘔吐・下痢の症状がみられる程度ですが、細菌性の場合は酷い腹痛・何度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢とともに38度以上の高い発熱が違いです。
ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が失われた後に市場に出回って、等しい成分で自己負担分が小さくて済む(代金が安価な)後発医薬品のことを指します。
汗疱状湿疹(汗疱)は手の平や足裏、または指と指の間などに細かな水疱が現れる症状で、基本的には汗疹(あせも)と呼ばれており、足の裏に出来ると足水虫と思い込まれるケースが結構あります。
肝臓をきれいにキープし続けるためには、肝臓の有害物質を分解する作用が低くならないようにする、言いかえれば、肝臓のアンチエイジング対策を迅速に開始することが効果的だと言われています。
常日頃からゴロンと横向きになってTVを見ていたり、デスクの上で頬杖をついたり、かかとの高い靴等を履くということは身体のバランスを悪化させる誘因になります。
内臓脂肪過多による肥満が診られて、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖の中で2項目か3項目全てに一致するような健康状態を、メタボと言っています。
道路事故や山での転落事故など、非常に強い力が体にかかった場合は、複数の場所に骨折がもたらされたり、複雑骨折となったり、ひいては内臓が損傷することも考えられます。
不整脈である期外収縮は、健康体にも現れることがあるため深刻なトラブルではないと考えられていますが、発作が幾度も次々と起こるケースは危険な状態です。
素人が外から眺めただけでは骨折しているのかどうか自信がない時は、ケガをしたところの骨をゆっくり触れてみて、もしそのポイントに激しい痛みが走れば骨折かもしれないので、すぐ病院へ行きましょう。
お薬、アルコール、合成発色剤を始めとした食品添加物等の物質を特殊な酵素で分解し、無毒化する働きの事を解毒(げどく)と称しており、多機能な肝臓の担うとても重要な職責の一つだと言えるでしょう。
ロックミュージシャンのコンサートの開催されるスペースやディスコなどに置かれた大型スピーカーのすぐ横で大きな音を浴び続けて耳が聞こえにくくなることを「音響外傷」と言っています。
虚血性心疾患の心筋梗塞というものは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血管の内腔の幅が細くなり、血液の流れが途絶えて、酸素や様々な栄養を心筋に配達できず、筋肉細胞そのものが死んでしまう怖い病気です。
昨今、比較的若い世代で結核(けっかく)に抗する免疫力(抵抗力)の無い人たちの割合が高くなっていることや、早合点のために診断が遅れることが誘因の集団院内感染(アウトブレイク)が増えていると言われています。
肥満の状態というのは言うまでもなく摂取する食物の栄養バランスや運動不足が素因ですが、量は変わらない食事をとっていても、あっというまに食べ終わる「早食い」を続けたならば肥満(obesity)の状態を招きやすくなります。
触れ合うことで、入居者さんが猫のことを愛おしいと感じることによって「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌されれば、ストレスを軽くしたりヒーリングに繋がっています。